たくさん曲を作りましたが、どうやって作っているか
気になっている方も少しはいるはず。


ということで現在の曲作りの手順を紹介していきます。

頑張ればこういうの誰でも作れるよ。
スフィア/DREAMS, Count down!!!!

 

記事は続きから
↓↓

初回ということでまずは簡単に機材から紹介。


■録音機材
BOSS BR-80


アコースティックインストはMTR(マルチトラックレコーダー)を使用して
多重録音で作成しています。

この機械だけで本当に全部作っています。
小さい機械なのにすごく便利で
さまざまなエフェクトもかけられる凄いやつです!

本体の下に高性能マイクがあり、そこで録音もでき、
LINEを繋いでの録音も可能です。

自分は伴奏(コード弾き)は本体のマイク、
歌パートやその他のパートはLINE録音しています。

■MTR(マルチトラックレコーダー)とはどんなものか?

普通録音というと一回しか録れませんが、
MTRは内部に同時に録音する場所がたくさんあります。

BR-80は8×8の64トラック録音できます。

    A  B  C   D   E   F   G   H
1 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
2 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
3 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
4 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
5 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
6 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
7 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
8 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

1~8の数字ひとつひとつが一曲だと思ってください。
A~Hの文字ひとつひとつがその一曲に同時に録音できる数だと思ってください。

つまり、

1-Aは伴奏
1-Bは伴奏2
1-Cは歌パート(主旋律)
1-Dは歌パート(ハモリ)

というような感じで一曲に同時に8個まで録音できるのです。

上の例では4つ録音しました。
その後別のパートも録音して1-A~Hを全部使用してしまいました。

このときに1の曲をまとめて2-Aに移動することができます。
※バウンスという機能

これでどんどん続けて録音できるわけです。

■マスタリング機能

曲が完成したらパソコンで取り込めるように
wavファイルに書き出すことができます。

初期設定の状態でも音圧や音量も全体的にいい感じに仕上げてくれる
優れた機能です。



■まとめ

①ギター
②BR-80
③パソコン

この3つがあればなんとかなります!

次回は実際に自分がどう使っているか紹介していきます!!

ではまた!!